ピアノ調律

ピアノの調律とは大まかに言えば、「ピアノの音を正しい音に直して、弾きやすくすること」ですが、そのためには

・調律師による正しい音合わせと動作設定

・ピアノ所有者による設置場所の管理(温度・湿度など)が大事です。

 

たまに調律に対するこだわりを聞かれますが、「素材を生かし、音がよくて弾きやすい」が基本です。

 

 

アップライト … \12,000~

 

私の場合、年間を通せばアップライトのほうが台数は多いです。一般のご自宅、学校、ライブハウスなどピアノの設置場所に合わせて調整します。

毎年調律してるピアノでも早く終わる場合と長引く場合があります。2時間以内がいいですね。

 

グランドピアノ … \15,000~

 

グランドピアノはアップライトよりも時間がかかることが多いです。それは鍵盤調整やピアノの音を止めるダンパーと呼ばれる部品の調整など、各部品を取り外して行う調整が多いからです。

下がダンパーの画像です。右ペダルを踏むとピアノ線から離れます。

 

鍵盤の調整(毎回ここまではしません)

 

グランドだけ一生懸命してるわけではなく、私以外の調律師も同じと思います。

グランドピアノとアップライトピアノの大きな違いは連打のしやすさです。どちらがいいということはなく、私はアップライトも好きでお気に入りの1台を持っています。

 

 

響板はスプルース材で厚みは約1㎝ないくらい